ホーム > クライネ・クローネについて

クライネ・クローネについて

理念 Concept

ハプスブルグ帝国の下、歴史と共に、豊かな文化・芸術そして伝統が育まれ発展してきた、オーストリアとりわけウィーン。
日本・オーストリア文化交流会~クライネ・クローネは、「文化と伝統としてのウィーン舞踏会」をはじめオーストリア、ウィーンの文化をご紹介し、イベント等を通じて人々が社交と文化交流を楽しんで頂く場です。

また、クローネマキコが自らかなえた、「ウィーン舞踏会への参加」という夢を、少しでも多くの方々にも叶えて頂き、文化を実体験して頂くお手伝いを致します。

In Austria and Vienna above all, music, various enriched culture, arts and tradition have developed under the Habsburg Empire with history. Japan-Austria Society for Cultural Exchange – Kleine Krone introduces/promotes Austrian/Viennese culture such as "Viennese Balls as Culture and Tradition", and provides places and chances to meet people, enjoy socializing and cultural exchange through events, etc. We are also happy to help your dream come true to participate in Viennese balls, which Makiko Krone realized by herself.

名前の由来 Origin of the name

クライネ・クローネKleine Kroneとは、ドイツ語で「小さな王冠」の意味。

世界最高格式とされるウィーンのオペラ座舞踏会で、社交界へデビューするデビュタント、そのプリンセスたちの頭上に一生に一度、輝くのが、小さな王冠、“クライネ・クローネ”。
これは、クローネマキコにとって“ウィーン舞踏会”の象徴であり、憧れでした。

そして、エレガントな女性なら誰しも、目には見えなくても頭上に"小さな王冠"を戴いている…
そんな思いで命名致しました。
設立十周年を機に、「日本・オーストリア文化交流会」と改称してからも、会のニックネームとして、クライネ・クローネと呼んでいます。

活動内容

主な活動

  • [ウィーン舞踏会に参加するためのコーディネート・コンサルティング全般]
  • ウィーン舞踏会という世界についてのお話し・映像・情報提供など
    [“文化としての舞踏会”セミナー開催]
    [クライネ・クローネ通信配信] 配信ご希望の方は、お問い合わせフォームより「クライネ・クローネ通信希望」とお知らせ下さい。
  • 初心者の方でも楽しんで頂けるよう、定期的に練習会を開催しております。ご案内は、クライネ・クローネ通信にご登録下さい。
    [舞踏会ダンス・カドリールやウィンナーワルツの普及]
  • オーストリアやウィーンの文化を紹介し、楽しむ会
    [交流会・茶話セミナーお茶会の開催]
  • タキシードとイブニングドレスで社交、歌やダンスを楽しむ、"日本の舞踏会"、夜会の開催〈オーストリア大使館後援〉
  • [クローネマキコのヨーロッパ社交界通信]トピックのご紹介
  • その他、講演活動・各種イベントでのダンスのデモ披露など(ご依頼を承ります)

ご希望に応じて

皆様のご参加をお待ちしております。

活動実績

2018年中の活動、イベント
1月 「夜会」ハイライト上映&遅めの新年ランチパーティー
2月 ウィーン舞踏会に日本からの参加コーディネート
4月 カドリール&ウィンナーワルツ基礎練習会(中野ダンススクールとのコラボ)
6月 【会員限定・オーストリア大使公邸でのミニコンサート&懇親会】
7月 カドリール&ウィンナーワルツ基礎練習会
8月 オーストリアビア&ワイン会
9月 「ウィーンの夜会 in 神戸」
10月 舞踏会セミナー(日独協会にて)
11月 「ウィーン・モダニズムの夜会〜クリムト、シーレ没後100年に寄せて」

代表あいさつ

こんにちは。クローネマキコでございます。

突然ですが、皆様の、「夢」は何でしょうか。

かなえたかったこと、あきらめてしまったこと…人生にはそれぞれありますが、日々、お仕事や家事など忙しい中にも、夢や、一生の生きがいを、 ささやかでも、持っていらっしゃいますか。

クライネ・クローネは、私が子供のころから持ち続けていた、けれど大人になるに従って忘れてしまった、"夢"を、自分でかなえたことから生まれました。
私の人生を変えた、ウィーン舞踏会との出会い。
何十回見ても感動的な、舞踏会のオープニングでのデビュタントセレモニー、
何十回訪れてもが心ふるえる、ウィーンの小さな教会、
ウィーンの街並み、歴史、文化、伝統、そして多くの人々との出会い。
それらすべてが、私の人生の大きな財産となっています。

そしてなぜ、私がこの会を主宰しているのか…その答えはただ一つ、
ウィーンが、ウィーンの舞踏会が、その文化が大好きだから、それが私を「突き動かしている」のです。
ですから、活動一つ一つは、私の、「思い」でもあります。

ウィーンの舞踏会を"踊るだけではない"文化として、その素晴らしさ、楽しさ、伝統をご紹介すること、生涯をかけて、好きになれることを見つけられたことへの感謝と共に、そこから知ることができた人生の楽しみ方を、少しでも多くの方々にお伝えすることが、僭越ながら自分の使命とも感じ、活動を行っております。
皆さんから「楽しかった」「夢がかなった、ありがとうございます」と言って頂けること、これほどうれしいことはありません。
そして更に"夢は自分でかなえられる" というメッセージ、それらを多くの方々にお届けできましたなら幸いです。

ウィーンで十年以上に渡り私の活動を支え、協力してきてくれた親友は、 「我々の文化と伝統の一部を、日本人の方たちにも感じてほしいし、それを実現しているマキコは小さな民間大使だよ」と言ってくれます。
2010年に開催した、設立十周年記念『ウィーンの夜会』には、ウィーンから駆けつけてくれた友人をはじめ、多くの方々と節目を迎えることができました。
そしてその友人の計らいにより、オーストリア国務大臣(当時)から「オーストリアの文化普及に貢献してきた」ということで感謝の賞状を頂くこともできました。
クライネ・クローネを始めたこと、続けていることに多くの方から、すごい!という声を頂きますが、ちっともすごいことではないのです。
ただ、好きだから、続けているだけ。でもやはり、「これをやりたい」と思ったら、思っているだけでは永遠にその夢は実現しないのです、「小さな一歩」を踏み出す勇気、これがあるかないかが、大きな違いかもしれません。

今後は、20周年(更に30周年?)を目標に、楽しく、活動を続けて参りたいと思っております。
ぜひ、ウィーンや、舞踏会には直接関係ないという方も、ご一緒に、楽しんで頂けましたなら幸いです。

クローネマキコの更に詳しいプロフィールストーリーは、こちらをご覧ください。

クローネマキコ 生まれて初めてのドレス

舞踏会参加歴は100回以上 (*デビュタント参加も含む)

オペラ座舞踏会 カフェオーナーの舞踏会 [*] ウィーンフィルの舞踏会
皇帝舞踏会 コンコルデイァバル マジシャンの舞踏会
グラーツのオペラ座舞踏会 法律家の舞踏会 ベルベデーレ夏の舞踏会
花の舞踏会 [*] バーデンの年越し舞踏会 インスブルックの舞踏会
仮面舞踏会 医師の舞踏会 狩猟家の舞踏会
ボンボンバル ウィーン経済界の王宮ガラ 赤十字の舞踏会
IAEAの舞踏会 ハンガリーの舞踏会 テヒニカーサークル舞踏会
ヨハンシュトラウス舞踏会 Fete Imperial Dancer Against Cancer

他多数。
100回以上に参加しています。

2015年は、クライネ・クローネ設立15周年を迎えました。

舞踏会に参加された方々からの、“夢がかないました、ありがとうございます”の言葉、日本でも色々なイベントを楽しんで頂いている皆様を励みに、クライネ・クローネは10周年を機に〈日本・オーストリア文化交流会 クライネ・クローネ〉として再出発致しました。 10周年記念に始めた国内での「夜会」では、オーストリア経済・家族・青少年省で国務長官を務める(当時)、Mrs. Christine Marekより、オーストリアの文化普及に貢献してきた」ということで感謝の賞状を頂くこともできました。
今後とも、皆様と一緒に、オーストリア、ウィーンの文化、そして社交・交流を楽しんで参りたいと存じます。

クライネ・クローネとして、今後の夢・目標

  • LADYWEB.ORGに掲載の「クローネマキコの社交界通信」コラム、そして2015年1月よりラジオに出演しオーストリア文化についてのトーク、を本にまとめて出版すること。
  • 日本初の「舞踏会事典」の出版。
  • 日本でのデビュタント・ボールの開催。
  • 自分で「夢を実現させた」こと、「文化としての舞踏会」のご紹介、そして現地の貴族の友人たちから学んできたことなども、微力ながらお伝えしていきたいと思っています。
  • 舞踏会ダンス・カドリールの普及 - 初心者の方でも楽しんで頂けるよう、定期的に練習会を開催しておりますが、これを日本全国に広めること、小中学校の授業でもカリキュラムに取り入れてもらい、子供たちも楽しく踊れるようになること。
  • 「クローネマキコのひとり言」を始めました。

所在地・連絡先

連絡先:
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-4-3 永田町ビル4階 SGEC/PEFCジャパン内
電話:
03-3267-9151
Eメール:
お問い合わせフォームよりお願いいたします

沿革・組織

沿革

2000年11月
[クライネ・クローネ]設立
2010年1月
[日本・オーストリア文化交流会 クライネ・クローネ]に改称

日本・オーストリア文化交流会 組織

クローネマキコ 日本・オーストリア文化交流会 クライネ・クローネ 代表
クローネマキコ (プロフィール)
(東京在住)

マティアス-マリア・ウリスク男爵 特別アドバイザー
Matthias-Maria Urrisk Baron von Obertynski zu Obertyn
マティアス-マリア・ウリスク男爵(ウィーン在住)
貴族の家系で育ち、宮廷にも通じるマナーに精通しています。
長年、ウィーンのダンススクールにて社交ダンスとマナーを教え、舞踏会でのオープニングセレモニーでのデビュタントの振付け・指導を数多く行なってきました。また、ウィーンの王宮での舞踏会も10年以上に渡り開催しています。
クローネマキコと20年近い友人であるMatthias Urrisk-Obertynski先生とクライネ・クローネとのコラボレーション企画として、舞踏会でデビュタントになられる方向けマナー「デビュタントコース」、そして一般の方向け「マナーコース」を開催しております。

リンク、コラボレーション企画に関するお問い合わせはお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

日本オーストリア食文化協会

日本オーストリア食文化協会 「ウィーンと言えばカフェ!」と連想する方も多いのではないかと思います。
日本オーストリア食文化協会様では、オーストリアで修行をし日本で活躍するプロの料理人の方々が、カフェで提供されるオーストリア菓子に限らず、オーストリア料理からパンまで幅広くオーストリアの食文化を日本に紹介されています。

日本ヨハン・シュトラウス協会

日本ヨハン・シュトラウス協会 日本ヨハン・シュトラウス協会は1975年に創立され、35年以上に亘って活動を続ける "ヨハン・シュトラウス2世をはじめとするウィーン音楽"の愛好者の集まりです。 世界各国の協会とネットワークを持ち国際的なファン交流や舞踏会、コンサート、講演会 など多彩なイベントを行っていますが、決して専門家ばかりの集団ではありません。 シュトラウスと彼を取り囲む様々な芸術がお好きであればどなたでも入会を歓迎いたします。

PAGE TOP

プライバシーポリシー | 2010 Copyright © 日本・オーストリア文化交流会 Kleine Krone All rights reserved